2014年10月06日 Monday

Gのレコンギスタ

オーバーマンGセブンなんて言われてもおかしくない雰囲気だったけど、いざ内容を見てみるとなんだか良く分からない感じが強かった。
今一掴めないのは、視聴者の方を向いてないからなんだろうなって印象。
話しが進むにつれて色々分かってきて、面白くなっていけば良いのだけれど。

因みに禿信者でも、禿好きでもないので、禿の文法だとかそういうのには全然興味ない。
ダンバイン、エルガイム、ブレンパワード、∀みたいな雰囲気は好きなので、好きな作品の中に禿もあっただけ的な。
キャピタルや海賊の設定がまだ把握できないから、なんか( ゚Д゚)ポカーンな感じがしているんだとも思う。
電気か何かを奪っているみたいなので、エネルギー関連で色々あるんだろうなっていうのは分かったけど、海賊なわりに覚悟完了してなさすぎだし。
ビームサーベルで驚いてるから、エネルギーは貴重なのは間違いないんじゃないかと思う。
流石に技術としてじゃないだろうし。

太陽光パネルを地球に設置云々で「それって独裁でしょ!」って言っていたけれど、なんか独裁=悪みたいな表現も違和感を覚える。
独裁はただのシステムでしかないわけで、政治体制の一つ。
有能な独裁者(または少数の集団)が独裁するなら統治は上手くいくわけで、それ自体が悪ではない。

独裁というシステムが現代国家で廃れている状況が多いのは、有能な独裁者が続くとは限らないわけで、無能な独裁者や単純に悪人が独裁者になると、悲惨な結果にしかならないから。
民主主義はそういうリスクが低いから選ばれているだけで、民主主義が正義なわけじゃない。
表面上の受けの良さもあるし。
愚民が多ければ民主主義も悲惨な結果にしかならない。

統治対象の大半に対して地球に太陽光パネルを設置しない事が有益ならば、その選択は正しい事になる。
それで不利益を得ている人がいる=悪というのも有り得ない。

実際システムとして独裁政治をしているのかとか分からないから何とも言えないけど、海賊の規模が大きいならば反対勢力もかなりのものなのだろうという事で、悪い独裁をしているのかもしれない程度の予想が出来る程度。
主人公側であるキャピタルが軍属なのに雰囲気が緩いから、そういう印象もなんか違うって気もしてくるけど。

取り敢えず物語的に面白くなるのかどうか、もう少し見てから考えようかなという感じで。
■RECENT ENTRIES FROM SAME CATEGORY■

コメント

コメント入力







この記事のトラックバックURL

http://relena.sakura.ne.jp/blog/tb.php/3747

トラックバック